PIITsを利用して、インド工科大学よりインターンを受け入れている企業様を訪問してきました。


株式会社SMSデータテック様を訪問!!

 

私が、他社様のインターン風景を見たい・・・とお願いしたところ快く受け入れていただきました。ありがとうございます。

 

こちらには、インド工科大学(IIT)ロパール校からJatin君がいます。ロパール校なので、3月にインドに行った際に私は一応、会っています。彼も一応、覚えていてくれました。ちょっと、陽気なじゃんけんオジサンといったところでしょうか?ロパール校でのじゃんけん大会の模様はこちら・・・

 

株式会社SMSデータテック様は今年は1名の受け入れということですが、彼への期待は大きく、すでに、プロジェクトに参加し、相当な戦力になっているようです。実は、IITハイデラバード校からの採用実績もあるようです。

※既にプロジェクトに入って頑張ってます

※こういうちょっとした打ち合わせスペース欲しいな〜

 

我が東日印刷も負けてられないな〜。と刺激をいただきました。東日印刷の取り組みも参考にしていただいたようで、御世辞とはいえ、嬉しいものです。

 

実は今年の『PIITs』は昨年とは少し違うところがあります。もちろん2年目ですから、受け入れ企業様へのサポートも必要になってきます。昨年は、まだまだ足りない部分もありましたが、今年は、定期的に、学生側からのレポートをもとに、受け入れ企業様にフィードバックをしています。

 

どさくさに紛れて、ウェブスタッフ・町田から、株式会社SMSデータテック・松原常務取締役へのフィードバックの話を少し聞かせていただきました。Jatin君もなかなか充実したインターン生活を送っているようです。松原常務は「もっと難易度上げようかな〜」とも仰ってました。私はすかさず「上げた方がいいですよ!」と・・・。IIT生は要求すれば応えてくれます。凄いです。

 

ということで、最後にみなさんで記念撮影・・・。PIITsを利用することで、企業間の繋がりも実は生まれると個人的には思っていて、いつか、どこかの企業様と共同プロジェクト!なってことも十分あると思っています。

※画質がイマイチで申し訳ございません。私のスマホでは・・・

 

ヒムのフィードバックも近々あります。ヒムは、サッカーが大好きで、欧州CLの決勝が・・・。なんて、遊びのことはさておき、どんなレポートを書いているのか楽しみです。我が東日印刷は、他社とはだいぶ仕事の進め方が異なると思うので・・・(システム開発を行う会社ではないので)。最初は、時間を持て余すこともあるかもしれませんが、より素人に近いため、気にせず、Difficult Orderをするときがあります。これがプロジェクト内では有名な「Mr.DOBASHI has difficult oreder!」っていう我々のお決まりのBroken English フレーズです。

 

 

【K.Iwamoto】

 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です