インド工科大学は次世代のUnicorn Nurseryだ!


今日は、非常に良い記事をみつけましたので、早速、こちらで紹介したいと思います。

そもそも、Unicornって・・・。私の頭の中には奥田民生くらいしかでてきません。ウィキペディアによると一角獣・・・伝説の生き物と書いてあります。

さて、この記事で言う、Unicornとは、10億ドル規模の企業といったところでしょうか?Nursery・・・保育園・・・。

簡単に述べると、超BIGな企業の創業者を輩出している大学ランキングの記事でした。

10億ドル以上の企業創業者189人を調査すると。そのうちインド工科大学出身者が12人で第4位という結果が出ました。シリコンバレーの企業の管理職の4割がインド人だと言われていますが、いよいよここまで来たという感じです。

上位4校は全てアメリカということで、アメリカの大学を除けばナンバー1ということになるということですかね・・・

いや、はや、超人だ!(※誰も知らないか・・・)

※マンディ校の学生は2月15日から最後の学期がスタートします。先週の撮りたての写真を送ってもらいました。

 

※日常は日本の学生とは変わらないです。

なんとなく、それなりに優秀な外国人労働者を安い賃金で雇ってコスト削減・・・。みたいなのが定番のように伺えるのですが、これはもう、インド工科大学の学生に便乗する方が、ビジネスチャンスを掴める可能性が高いというわけです。

彼らに投資をすることが成功の近道なのでしょう。

最近、色々な企業様とお話する機会があります。インドの学生は日本語を話せるのですか?という質問がとにかく多いです。とにかく日本で働くには日本語が話せないと・・・という意見がほとんどです。

・・・・・・

大多数の意見ということで、非常に分かるといえば分かるのですが、なんとか日本語学習をさせる仕組みを早急に用意する必要はあるのですが・・・

私の考えからすると、実はやっぱり英語ペラペラになって彼らとコミュニケーションとれた方がいいのでは・・・その先に成功があるような気がします。

http://blogs.wsj.com/indiarealtime/2017/02/10/unicorn-nursery-outside-the-u-s-indias-iit-produces-the-most-billion-dollar-startup-founders/

そろそろ、東日印刷㈱様のレアジョブ英会話のスピーキングテストの結果が出た頃だと思うのですが・・・それも後日、速報します。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です