日本で生活するための備え・・・


2017年9月12日(火)

 

昨日は、子供を早く寝かせるために23時頃に消灯したIwamotoです。6歳にとっての23時は決して早くありませんんが、我が家では早い方です。そして、ドラマ「コードブルー」の山Pの行方も気になるところです。

 

さて、インドから来たラブゴパが日本で生活するうえでなかなかイメージできないことは・・・。まあ、たくさんあるのですが、今日は、その中で地震というものに触れてみたいです。昨年、インターン中に中くらいの地震があった時に、ゴパはかなり驚いていました。残念ながら日本では地震は発生するものとして生活しなければいけません。要するにそれに対する「備え」が必要になります。

 

脅しているわけではありませんが、彼らにこの動画を見せました。

 

一時、この類の話が取り上げられました。各企業で対策をしていることでしょう。

 

先週彼らは防災訓練に参加したわけですが、それも初めての経験です。ちなみに、彼らの今住んでいるアパートはどのような状況かというと、ゴパの部屋に冷蔵庫があるぐらいです。ただ、1ルームの部屋ですので、一応の対策は必要かと思い、気休めですが、耐震ジェルが余っていたので、渡しました。

 

何だこれは・・・。ドラクエのスライムか・・・みたいな反応だったかもしれません。

 

念には念を・・・ということで、「冷蔵庫の下に敷いておきなさい!」と伝えました。ただ、いろいろみると、耐震ジェルではあまり大きな耐荷重はないようですので、とりあえず、冷蔵庫の下にジェルを沢山、敷いておいてもらいましょう(決して耐震ジェルメーカーの回し者ではありません)。

 

ただ、この防災の意識が彼らのITスキルと噛み合うことも十分に考えられると思います。セキュリティは日本よりも海外の方が厳しいと思います。3月にインドに行った際も凄かったです。ただ、防犯となるとやはり日本が世界では先端なのではないでしょうか?

 

災害時のアプリもありますし、それは働く親からみた子供たちにも活用できるものかもしれませんし・・・。様々な日本の文化を知ることで、彼らのスキルに幅がでてくることは間違いないでしょう。

 

それでは・・・。

 

【K.Iwamoto】

 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です