インドと比べてみたシリーズ【ベトナム編】 ~みなみ編⑫~


インドに留学してたみなみです。今週から7月7日まで東南アジア周遊中です。まず初めはベトナム南部の商業都市ホーチミン‼︎

 

インドという国は何回渡印しているとでやや慣れていますが、東南アジアは初めて‼︎今回からインドと東南アジアを比較してみた私の体験記をお送りします…

※ホーチミン市内にあったヒンドゥー教風の寺院内部

 

〜外食文化が根強い‼︎⁇〜

 

インドにいる間、外食したことなんて数える程しかないのですが、ベトナムについてから外食ばっかり(目的が観光なんだから仕方ないですけど)、それにしても現地の人でさえも道路脇で麺すすってる人が多すぎませんか⁇

 

朝から夜まで、屋台みたいな食べれるお店がたくさんあるし、値段もそこまで高くない。代表的なフォーも200円しないくらいで食べれます。ライムかレモンをしぼるとめっちゃ美味しい。

※ツアーに含まれる選べるベジタリアン向けランチ

 

インドと比べて夜が長いというか。インドであればみんな日が暮れる頃には帰宅して家族と食卓を囲むのが一般的ですが、ベトナムであれば夜でもお店も開いてるし人通りも多いので外食に惹かれちゃうのかもしれないですね。

 

〜日本人過ごしやすそう‼︎〜

 

前からベトナムに留学中の友達に聞いて驚いていたのが、コンビニがあるという事実‼︎確かにサークルK、ファミマ、ミニストップ…品揃えもほぼ日本のそれと同じ‼︎おにぎりやサンドイッチがあるだけではなく、明治のたけのこの里とか味の素とか、見慣れた商品もたくさん並んでいます‼︎

※夜でも人通りや交通量が多いですね

 

これは日本人にとっても住みやすいし、日系企業も進出しやすいわけですね。

※インド留学以来、初のインド料理、普通に美味しいです笑

 

お次はカンボジア、プノンペンとシェムリアップに向かいます。アンコールワットの素敵な写真を乞うご期待‼︎

 

 

【学生記者について】


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です