ガネーシャって片方の牙が欠けてるんです・・・


インド好きの方には当たり前の話で、私も、少し前から知ってはいました。インド土産ではガネーシャ!というケースも多いことでしょう。

 

ガネーシャってそもそも何だか知ってます??

 

まあ、有名な話のようですが、さらっと・・・。

 

そもそも、人間の体に像の頭って・・・なぜ・・・

 

ヒンドゥー教の主要な神は・・・

・ヴィシュヌ

・シヴァ

・ブラフマー

この3大神(らしい、※私の調べによると)。

 

※ここからはかなり話を私なりにまとめてますので、解釈の違いがあると思いますので、御了承ください。

シヴァ神の妻にパールヴァティーがいました。パールヴァティ―が沐浴中に自らの垢で人形を作り、そこに命(魂)を吹き込んだのがガネーシャ。

 

そして、パールヴァティ―はガネーシャに浴室の見張りをさせるのであります・・・。

 

そこに、シヴァ神が帰ってきた際に、ガネーシャは偉大な神とは知らず、入室を拒否します・・・。偉大な神は激怒し、ガネーシャの首を切り落とし遠くえ捨ててしまったそうです。

 

その後、パールヴァティ―にそれが、自分の子供だと知ったシヴァは、頭を探しに出かけるが見つからず・・・。そこで、像の首を切り落として持ち帰り、ガネーシャの頭として取り付け復活させた・・・。

 

完全に神話の中の神話ですね。自ら目にしたものしか信用できない性格の私にとってみたら・・・。ただ、これもいくつかの説があるようです。

 

 

牙が折れている理由は?

 

これもいくつかの説があります。籠で運ばれているときに振り落とされて頭から落ちて折れてしまった。という1説を紹介しておきます。

 

インドは奥が深いです・・・が、あまり、深く追究すると迷宮入りしそうなので、これくらいでちょうど良いと思ってしまうのは私だけでしょうか?

 

皆様の手元にガネーシャがあるならば、牙を確認してみてください。片方が尖ってないので・・・。

 

 

【K.Iwamoto】

 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です