2020年!インドでは排ガスなどの環境規制強化??? やれるのか!オイ!(I木風)


最近は同僚にネタを求めています。

今日は我が毎日新聞の記事より・・・

今日もこんな記事を発見・・・⇒⇒⇒

 

注目は合弁会社をインドに設立することではありません。

2020年以降、排ガスなどの環境規制が強化される見通しだ!

 

ということです。

インド出張での強く印象に残っているのは、ルール無用の交通情報と、空気の悪さ(異臭)である。

 

 

※バイクも車も縦横無尽でルール無用

 

※このバスは目的地にいつ着くのだろうか?

 

あれだけの人口、歩行者より車優先・・・みたいな・・・。

 

本当に排ガス規制が強化されるのか?もの凄く興味あります!

 

そして、この見通しに対して、三社がインドに合弁会社を作るって・・・これがまさにビジネスというものか・・・。

 

思い切って、タクシーはHVじゃないと営業してはいけない・・・とかそんな法律もありかもしれない・・・。

そして、オートリクシャーと普通の自動車が同じ道を走るということがそもそも難しいというか、オートリクシャーのないインドの街をまず、どこかに作ってみることをおススメしたい。

 

日本はIITハイデラバード関連で投資しているので、ハイデラバードの街全体をミニチュア日本!にするくらいのことを日本全国の企業でやってみてはどうか?

 

IITハイデラバード周辺整備はあと10年、20年はかかるはず・・・。オートリクシャーの走行禁止して、車線と横断歩道、信号はそれなりに・・・まず、これやってみよう。

 

ちょっとIT人材の話とズレてきたぞ・・・。PIITsは数年で、コンピュータサイエンスの人材を網羅した後に、別の学部へと広げていきますので、ご希望のある企業様、インドの街に車線と横断歩道を塗って、信号をつけよう!って本気で考えていただければ・・・と思います。

 

インドのIT人材が素晴らしいことは理解しているが、インドの国自体の国力アップを期待して、今日はおしまい・・・

 

【K.Iwamoto】

 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です