同感です! 継続のポイントは完全主義をやめること‼  〜レアジョブ英会話〜


レアジョブ受講率90%超えのK.Iwamotoです。

 

今日はレアジョブ英会話のFacebookの記事をちょっとみて、共感する部分がありました。私の話は薄っぺらいのでご了承ください。

そのFacebookがこちら→→→

 

継続のポイントは・・・??

 

人それぞれ、様々な人生がありますので、その部分は置いておいて・・・。オンライン英会話を長く継続するポイント・・・。東日印刷㈱の受講者6名は人によっては、ファイルを用意して、テキストを事前に予習して、質問などに答えられるように・・・と万全の準備をしている人もいます。

 

私の場合は、既にオンライン英会話歴が1年になったので、慣れというのもありますが、基本的には何も準備はしません。Skypeを立ち上げたら、Google翻訳を立ち上げるくらいです。私はタイピングが速いので、受講中に、英語が出てこない場合は、Google翻訳に日本語を入力します。

 

といった感じで、のらりくらり授業が進んでいきます。それでいいのか分かりませんが、講師と話す壁はだいぶ前からありません。恐らく、街で話しかけられても、壁はないと思います。ただ、人前で、それを披露できるかというとまだ、そこまでは到達していないでしょう。人前でスピーチしろといったらそれはプレッシャーに負けてしまうかもしれません。

 

私になり、継続のポイントを述べますと・・・前にも言いましたが・・・

 

講師選びですね・・・

レアジョブ英会話をスタートして3か月目に突入しています。

 

講師選びで重要視しているのはテンポ!

 

最近の私の講師選びのこだわりは・・・  テンポです。顔ではありません。

 

テキストを見て英語を話すことには慣れてきたので、Please repeat after me! ってやつの場合は、かなりスピードを上げて読むようにしています。その時に、講師と、私のリズム・・・というかスピード感・・・

 

1語、1分、少し間があったりすると、リズムが失われてしまいます。なので、ガンガン飛ばすつもりで話します。これはテキストを読む時だから出来るわけで、何もない会話ではそんなにスピードは上がりません。

 

しかし、英会話では、とにかく話すことが大切らしいので、テンポよく話す、新しい講師の時の自己紹介もそうです。毎度毎度同じことの繰り返しですが、それをスラスラ言うことが大切だと思います。

 

さて、GW明けには2回目のスピーキングテストの時期がきます。ほかのメンバーにはまだ伝えてなかったな・・・。

 

【K.Iwamoto】

 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です